« 大内宿の情景(2012年5月30日) | トップページ | 雨の氷見市海浜植物園(2012年6月10日) »

2012年6月13日 (水)

富山県薬用植物指導センター(2012年5月27日)

しつこくてすいません。

入り口にあったシランです。
Dsc01046

チャイブ(ハーブ)。
Dsc01027

シャクヤク。
Dsc00990
もう一枚。
Dsc01038


また来年(できればマクロレンズを持って)。
(α200 SAL50F14)

« 大内宿の情景(2012年5月30日) | トップページ | 雨の氷見市海浜植物園(2012年6月10日) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
結構、広そうなセンターですね。
これらの植物は全て薬用なんでしょうか?
どんな効果があるのかな?

ここは、総面積で43,208㎡で薬草やハーブの栽培指導や、教室、相談などしている県の施設です。
写真に写した植物は、食用だったり薬用だったりするようです。
ちなみにチャイブは、
chives ユリ科 用途は薬味、サラダ、スープ、チーズ、焼肉 成分essential oil 
知らずに食べているかも。
シャクヤクは、消炎・鎮痛・抗菌・止血・抗けいれん作用があるそうです。
また、シラン(紫蘭)は、その偽球茎は白及(びゃくきゅう)と呼ばれ、
漢方薬として止血や痛み止め、慢性胃炎に用いられるそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572906/54953837

この記事へのトラックバック一覧です: 富山県薬用植物指導センター(2012年5月27日):

« 大内宿の情景(2012年5月30日) | トップページ | 雨の氷見市海浜植物園(2012年6月10日) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ