« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

夕暮れの防波堤

夕暮れの防波堤
デートする二人、魚釣りをする人、夕日の向かってシルエットで写しました。

Dsc01575
(2012年7月28日 富山県魚津港)

2012年7月30日 (月)

夕陽に向かうモニュメント

魚津港にあるモニュメント。
どことなくユーモラスな感じを受けました。

Dsc01547

(2012年7月28日 富山県 魚津港)

2012年7月29日 (日)

夕陽に向かってフィッシュオン

夕暮れにルアーフィッシング。
ひらめ狙いでしょうか。

Dsc01568

(2012年7月28日 富山県 魚津港)

2012年7月28日 (土)

第68善龍丸の明かり

魚津港に停泊している第68善龍丸を写しました。
さんまを集める明かりがLEDです。

点灯したところ

Dsc01562

点灯する前

Dsc01555

(2012年7月28日 富山県 魚津市)

2012年7月27日 (金)

曇天のパワースポット

曇天の尖山
地元の人は、とがりやま、私たちは、とんがりやまと呼んでいます。
ここは、古代のピラミッド説、古墳説、UFOを良く見かけるとか、不思議な情報が
多いところです。

約一時間ぐらいかけて徒歩で頂上へ行けるそうですので、涼しくなったら
頂上の眺望とストーンサークルを写してこようと思います。

Dsc01304
(2012年7月1日 富山県 立山町)

2012年7月26日 (木)

おいしそうなヘビイチゴ

小さい頃よく見かけたヘビイチゴ。
久しぶりに見かけて、思わず写しました。

Dsc01267

子供の頃は、毒があると信じていました。

(2012年6月23日 富山県立山町吉峰)

2012年7月25日 (水)

半夏生ととんぼ

半夏生にとまった瑠璃色のとんぼ

Cimg0310

このトンボを写しているとき、自分が童心にかえっていました。
この瑠璃色のいとトンボは、名前は、なんでしょうか。
(2012年7月8日 富山市)

2012年7月24日 (火)

慰霊のいたち川

慰霊の灯篭を流す人

R0012266


いたち川に到着したのが遅くて、ピークを過ぎていました。

Dsc01529

いや、もうほとんど終わっていました。

Dsc01530

灯篭を見送る人たち

Dsc01538


(2012年7月24日 富山市 いたち川)

2012年7月23日 (月)

宮島峡のカフェオーレ

この日は前日の大雨のため、せっかくの滝が濁流になっていました。

宮島峡一の滝

Dsc01492

宮島峡二の滝

Dsc01514

Dsc01513

けむり立つマイナスイオン

Dsc01517

普段は、もっと美しいところですが、大雨の影響でこのような景観になりました。

(2012年7月22日 富山県小矢部市宮島峡にて)

2012年7月22日 (日)

交陸塔をみる二人

交陸塔(クロスランドタワー)をみる二人。
昨日、富山県は、大雨に襲われました。被害にあわれた方、
お見舞い申し上げます。
今日も南砺市は、大雨警報ということで、断念し小矢部市へ。


Dsc01491

自衛隊のヘリ?

Dsc01475

メルヘンおやべ大谷中学校。

Dsc01472

(2012年7月22日 富山県小矢部市)

2012年7月21日 (土)

釣り人と赤灯台

釣り人と赤灯台。
夕時に富山港で、魚釣りをしている家族連れと赤灯台を写してみました。
今日の富山県は、大雨やら土砂災害やらの警報が出ていました。
明日もお天気は、望めないようです。

Dsc01449

(2012年7月21日 富山港にて)

2012年7月20日 (金)

白鳥城跡からみた剱岳

富山県で山といえば、立山連峰剱岳でしょう。
先日、山がきれいに見えた日に写してみました。
私は、登山はしないのですが、下界から見てもきれいな山です。


Cimg0370


Cimg0362


(2012年7月11日 富山市 白鳥城址から撮影)

2012年7月19日 (木)

不動滝、夫婦滝、五色滝

昨日の常虹の滝の場所には、別に滝があります。
上が不動滝、下の2つの流れが夫婦滝です。

Dsc01389
下流には、五色滝があります。

Dsc01395


ここは、流しそうめんの有名どころです。
暑いときには、良いですね。

Dsc01408

(2015年7月15日 富山市細入村猪谷にて)

2012年7月18日 (水)

常虹の滝

北陸は、本日午前梅雨明けしました。

これから暑くなりますので、涼を思い出すため滝をアップします。

常虹の滝です。

Dsc01399

もう一枚。

Dsc01417

(2012年7月15日 富山市細入村猪谷)

2012年7月17日 (火)

お昼休みの風景

お昼休みの風景
仕事のお昼休みに散歩しました。

桑の実発見。
R0012227

黒くなったら食べごろだそうですが、場所が場所だけに食べる気には、なりません。
(小学校の通学路にありました。)

桑とうろこ雲

R0012228

信号待ちの少年

R0012230
(2012年6月30日 富山市)

2012年7月16日 (月)

かわいいミニ耕運機

なにやらかわいい耕運機。

Dsc01355

合掌造りの間から。

Dsc01352

相念寺さん。(耕運機とは、関係ありません)

Dsc01383

(2012年7月14日 富山県相倉合掌集落から)

2012年7月15日 (日)

合掌造りと水田

合掌造りと水田。

Dsc01370_2

光る夫婦ケヤキ

Dsc01336

(2012年7月14日 富山県 相倉合掌集落にて)

梅雨空の相倉

梅雨空の相倉
Dsc01345

前回5月に行ったときより、稲も生長していました。

相倉遠景
Dsc01364
(2012年7月14日 富山県 相倉合掌集落)

2012年7月14日 (土)

薔薇って写すの難しいですね

薔薇は、写すのが難しいですね。
花も、開ききっているものより、つぼみや開ききる前のほうが良いですね。

Img3451

Img3461


(2012年春 富山県 KLASSE S NEOPAN400PRESTO)

2012年7月12日 (木)

プールの中の人々

プールの中の人々。
呼吸は、大丈夫ですか~。なんてね。

R0011424

(2011年3月20日 金沢市 21世紀美術館にて)

2012年7月11日 (水)

梅雨。カタツムリも大きくなりました。

アジサイ祭りで、おおきなカタツムリを発見!!

R0012139
(2012年6月16日 富山県射水市にて)

2012年7月10日 (火)

まるまる三兄弟

まるまる三兄弟。
花壇のなかで、目を引きました。

R0012255

本当の名前は、ホウキギです。

(2012年7月8日 富山市)

2012年7月 9日 (月)

説明を聞く人達

ガイドさんの説明を聞く人達。
私は、不覚にも聞き逃してしまいました。

R0011092
撮影に夢中で、説明を聞き逃しました。
想像するに、平安時代の本殿の宇豆柱の大きさを表したもの思いますが、
違うかもしれません。

(2010年10月11日 島根県 出雲大社)

2012年7月 8日 (日)

出雲大社の大注連縄

とても大きく、印象的です。

R0011089

アップで撮ってみました。

R0011090

拝殿は、こちらです。

R0011091

(2010年10月11日 出雲大社にて)

2012年7月 7日 (土)

窓枠の額縁

窓枠の額縁

この絵はとても有名で、窓から見える日本庭園が、額縁の中の写真ようになります。

R00110671_edited2

(2010年10月10日 島根県 足立美術館にて)

2012年7月 6日 (金)

美しい日本庭園その2

2年前に島根県へ家人といったときに写しました。
均整の取れた日本庭園です。
R0011060

(2010年10月10日 島根県 足立美術館にて)

2012年7月 5日 (木)

美しい日本庭園

こちらの日本庭園は、本当にきれいで、手入れも行き届いています。

R0011059

(2010年10月10日 島根県 足立美術館にて)

2012年7月 4日 (水)

空の河

台風4号が近づいてきたとき、上空の雲は、河のようになっていました。

Cimg0218

(2012年6月19日 富山市 空を見上げて)

その翌日夕方は、

Cimg0221

(2012年6月20日 富山市 帰宅時)

2012年7月 3日 (火)

夜明けを待つ蓮

夜明けを待つ蓮

Cimg0281

全開を待つカメラ

Cimg0253


(2012年7月2日 富山県富山市婦中町)

2012年7月 2日 (月)

室内の月下美人

本日、富山県中央植物園で、月下美人が開花するというので、写してきました。
Cimg0278

Cimg0277
Cimg0273


月下美人は、ブラジル原産のサボテン科の植物です。
開花の予想は、朝にならないとわからないそうです。

しかし、こういうところで花の写真を撮るのは、難しいですね。
人がたくさんいるだけで、背景の処理が難しくなります。

(2012年7月2日 富山県中央植物園)

2012年7月 1日 (日)

名前の由来

岩室の滝の名前の由来は、
R0012191

滝つぼの横の穴にあるといわれています。
R0012204

滝の右側の横穴は、軟弱な泥岩が逆巻きながら落下する水や、
滝の飛沫で削られて出来たもので、ここから名前ががついたと
伝えられています。

(2012年6月28日 富山県 立山町)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ