« 彫刻の里 井波探訪 その2 | トップページ | 信仰と木彫りの里 »

2012年11月14日 (水)

彫刻の里 井波探訪 その3

瑞泉寺から松島というところへ歩いてゆくと、
視線を感じました。

Img_03081

素敵な彫刻がのぞいていました。

街灯の彫刻、続きです。

Img_02971


Img_02991



Img_03021


Img_03031


Img_03041

民芸品店

Img_02981

彫刻の店

Img_03001


(2012年11月11日 富山県 井波町にて)

« 彫刻の里 井波探訪 その2 | トップページ | 信仰と木彫りの里 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今日は寒いですね。
こんな個性的な街並みは多分ほかにないでしょうね、京都とかも。
この街を歩いてるみたいでした。
民芸品店よかったです…。

こんばんは。

一枚目の人ハンサムですね(^^)
彫刻も素晴らしいのですが、格子戸を持つ家も趣きがあっていいですね。
どの家も木を大切にしていると感じました。
南砺市をあげて街並を保存する努力をしているのかもしれませんね。

私の勤務先の同僚(女性)のご主人は井波の彫刻家です。
芸術家の奥様なんて素敵ですよね。欄間専門の彫師だそうです。
以外と彫刻だけでは食べていけないそうで友働きだそうです。

砺波地区では男の子が生まれると奥様の実家から天神様の彫ものが送られるのが有名ですよね。

ロレンツォ69さん
こんばんは。
瑞泉寺門前、八日町通り、
このあたりは、風情があってとても美しいところです。( ̄▽ ̄)

ナルコユリさん
こんばんは。
この通りの目を引くところは、石畳と木造の建物です。
こういうところは、少ないですよね。
きっと南砺市あげて、町並み保存をされていると思います。

SILVIAおじさんさん
こんばんは。
井波の欄間専門の彫師ですか。すごいです。
きっとすごい技術が必要な職業ですね。
昨今は、欄間のあるお家が少なくなっているので
大変だと思います。

>砺波地区では男の子が生まれると奥様の実家から天神様の彫ものが送られるのが有名ですよね。
そうなんですか。知りませんでした。w(゚o゚)w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572906/56114060

この記事へのトラックバック一覧です: 彫刻の里 井波探訪 その3:

« 彫刻の里 井波探訪 その2 | トップページ | 信仰と木彫りの里 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ