« 吹雪く合掌造りその3 | トップページ | 早春の日差しと老舗 »

2013年2月16日 (土)

複雑な心境

美しい空と雲と煙

環境が心配でもあり、エネルギーはどうする…


Rimg02621


(2013年2月13日 富山県射水市有磯にて)

« 吹雪く合掌造りその3 | トップページ | 早春の日差しと老舗 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
立ち上る煙は美しいですね。
焚火の煙はめったに見られなくなりました。環境に配慮して。
どんど焼きの時期くらいですかね、堂々と火を燃やすのを見るのは。
でも町内では近隣の住民に配慮し、
子供会のどんど焼きすら規模縮小を余儀なくされています。

こんばんは。
こういう風景も僕のイメージのなかにありました。
向こうの空が明るくて空の上層部と地面がアンダーになってるところがとてもいいですね。
煙突からなびく雲も少し照り輝いています。
いい感じです。
それに、とても意味のある写真だと思います。

暗い色合いが、主題に沿ったものに、なっていますねconfident

ナルコユリさん
こんばんは。
私は富山市の田舎のほうに住んでおりますが、
やはり火を燃やす光景は見られなくなりました。
環境や火事、煙の行方など、いろんな問題があります。
時代の流れで仕方の無いことですね。

ロレンツオ69さん
こんばんは。
素敵なコメントありがとうございます。
この煙突は、火力発電所のものです。
(今後、エネルギーはどう変わっていくのでしょう…)
といった風なことを考えて写しました。

R.Ptarmiganさん
こんばんは。
これからは、いろんな発電が組み合わされていくのでしょうね。

こんばんは。
放射能より温暖化の方がマシです。

nanさん
こんばんは。
放射能は最悪ですね。
再生可能エネルギーに期待です。

 この煙り、事業者は、「これは煙ではなく、水蒸気です・・・」と云うんじゃないですか。だとしても、温暖化効果ガスの二酸化炭素は避けられない訳で、微粒子が除去され、どこかの国のようなことにならぬことを願いたいものですね。

南太郎さん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
環境とエネルギー問題、深いです。
良い方向に向かってほしいと願っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572906/56777028

この記事へのトラックバック一覧です: 複雑な心境:

« 吹雪く合掌造りその3 | トップページ | 早春の日差しと老舗 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ