« 吹雪く合掌造りその2 | トップページ | 複雑な心境 »

2013年2月14日 (木)

吹雪く合掌造りその3

菅沼合掌造り集落、ラストです。
似たような写真ばかりですいません。

合掌の里から菅沼合掌集落へ移り一通り写してから、
与八さんで山菜そばをいただきました。
お店の方にお祭りや、民謡のお話を伺いました。
今年は、9月26日に仕事が終わってから上梨神社でおこなわれる
こきりこ祭りに行ってみようかな。


Img_12042


Img_12092


Img_12122


Img_12132


(2013年2月11日 富山県 菅沼合掌集落にて)
   

« 吹雪く合掌造りその2 | トップページ | 複雑な心境 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

同じ富山県とは思えない雪の量です。
私には、ここで生活はできません。一日でギブアップと思います。

SILVIAおじさんさん
こんばんは。
私も雪かきは、もうおなかいっぱいです。(笑)
こちらの方は大変ですね。

こんばんは。
合掌集落を全体を通して見ると、
いかに雪が深く積もっているかがわかります。
傘差している人もこの風景のなかで絵になっていますね。
山菜そばいただいたんですか、
いいじゃないですか。
こきりこ祭り、楽しみにしています。

こんばんは。
似ているようで、一枚一枚味わいがありますね(^^)
撮影のご苦労を思えばなおさらのこと。
こきりこは私が通った学校の運動会で、毎年踊られる民謡でした。
男子は竹の棒2本をササラの代わりに持ってました。

ロレンツォ69さん
こんばんは。
山菜そばもよかったのですが、お店の中で
DVD(違和感あります?)でお祭りを見ながら解説を受けておりました。
こきりこ節、日にちが決まっていて仕事が終わってから
行っても間に合いそうです。

観光として行くのと、実際に住むのとでは、全然違うでしょうねconfident

必然的に、東海北陸道を使う頻度が高くなりそうですし。

スノーシュー(西洋かんじきと、言えばわかりやすいかな?)を履いて、歩いてみたい気もしますhappy01

ナルコユリさん
こんばんは。
私は、子供の頃におわら節を踊った記憶があります。
こきりこ節は唄を授業で習った記憶があります。
あまりよく覚えていないので残念です。(^^;

R.Ptarmiganさん
こんばんは。
この日は、156号線から雪の景観を見ながら行ったのですが
東海北陸道なら1時間ぐらいで着きますね。
実際に住むとなると除雪が大変すぎます。(^^)
スノーシューはいてみたいです。

おはようございます。
なんかタイムスリップして民話の世界に来た感じがします。
雪深い情景が見事に表現されていますね。

nanさん
おはようございます。
雪深いところで富山市内とはずいぶん違います。
民話、日本昔話が似合います。(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572906/56760276

この記事へのトラックバック一覧です: 吹雪く合掌造りその3:

« 吹雪く合掌造りその2 | トップページ | 複雑な心境 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ