« 吉峰の春 後編 | トップページ | 愛が無くちゃね »

2013年5月 1日 (水)

砥如矢如(とのごとくやのごとし)

親不知(おやしらず)、かつて北陸道随一の難所でした。
なかでも天険(てんけん)と呼ばれるところは、一番の難所で、命がけで波打ち際を通行していたそうです。
上からのぞいた写真です。


Dsc035471


もう一枚は、鬱蒼として波打ち際が見えません。(^^;


Dsc035501


私の立っている道(天険の直上80m)の岩壁にタイトルの文字が刻まれています。


Dsc035491


この書は、絶壁を切り開いて明治16年に道が完成し、その喜びを当時の青海の人が表したものだそうです。
砥石のように滑らかで矢のようにまっすぐに、の意です。


こちらは、高速道路が海上に張出した親不知です。


Dsc035461


Dsc035321


Dsc035331


メンテナンスが大変そうです。


(2013年4月29日 新潟県 糸魚川市にて)

« 吉峰の春 後編 | トップページ | 愛が無くちゃね »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

これは素晴らしい道路ですね。
ここを車で走りたくなりましたよ。
それにしても凄い断崖絶壁です。

昔から思っていましたが、上杉謙信の軍勢は親不知の難所を越えて越中へ良く来ましたね。
どうやって来たのでしょうね。海沿い・・・山の中・・・不思議ですね。
現代は、高速道路に乗って新潟から入って来る文化が凄いですね。
今、富山市内には沢山の新潟の企業がありますよ。

若かりし頃すごく細い道を通って新潟に遊びに行った思い出があります。
険しい道でした・・・親不知の言い伝えもその時知りました。
日本の北の方はなぜか郷愁をさそいますね。

こんばんは。
こうしてみるとものすごい断崖絶壁ですね(^^;
昔はもっと狭い道だったと記憶しています。
今は「はくたか」であっという間に通り過ぎてしまいますね^^

nanさん
こんばんは。
この海上高速道路は、出来た当初高速道路なのに、
車を止める人がいたという記憶があります。(^^;

SILVIAおじさんさん
こんばんは。
上杉謙信は、春日山からどちらを通ったのでしょうか。
私も気になります。
昔の人は長い距離をよく歩いたものですね。@@
新潟からの企業、たくさんの雇用や経済の発展に
寄与されると良いですね。

かんちゃん さん
こんばんは。
高速道路がつながるまでは、国道8号線を通っていましたね。
朝日インターで降りてこの道を走り、糸魚川インターからまた高速に上がる…
細い道を大きなトラックが行き交っていた記憶もあります。
郷愁に誘われます。(^^)

ナルコユリさん
こんばんは。
はくたかであっという間、そして北陸新幹線でもっとあっという間に。
どんどん早く、便利になります。
でもたまには立ち止まるのも良いですよね。(^^)

こんばんは。
親不知、何度か通りましたよ。
すごいあざやかに撮られてますね。
気持ちいいです。
1枚目はちょっと怖いですけどね。

ロレンツォ69さん
おはようございます。
1枚目と4枚目は、展望デッキのようなところから撮りました。
昔の方はよくここを通られたものですね。@@

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572906/57283445

この記事へのトラックバック一覧です: 砥如矢如(とのごとくやのごとし):

« 吉峰の春 後編 | トップページ | 愛が無くちゃね »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ