« 宇津江四十八滝の伝説 | トップページ | 宇津江四十八滝の伝説 その3 »

2013年7月30日 (火)

宇津江四十八滝の伝説 その2

宇津江の山奥には大沼があって大蛇が住んでいると云われていた。
よそ八は知らないうちにとうとう大沼へ来てしまった。
沼は、鏡のように静まり返っていた。
釣り糸を垂れると1尺もある岩魚が面白いほど釣れた。
ひょっと見ると沼のふちの栗の木に大蛇が巻きついて爛々と
光る目で見ているので、びっくりして一目散に家へ逃げ帰った。
そして大蛇の妖気に打たれて高い熱を出して寝込んでしまった。


Dsc004401


つづく


(2013年7月28日 岐阜県 宇津江四十八滝にて)

« 宇津江四十八滝の伝説 | トップページ | 宇津江四十八滝の伝説 その3 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
お話を読んでいると、滝が大蛇に見えてきました(^^;
薄日が差していて、明るい感じがします。このお写真も素敵です♪

よそ八さん、家には帰れたんですね。

ナルコユリさん
こんばんは。
昔から竜や大蛇は、川や滝の化身というのが多いですよね。
滝にタイトルを付けるのが難しく、伝説の挿絵のような感じに
しようと思いました。

こんばんは。
やはりここでも大沼ですか!(笑)
そろそろ大蛇の正体を知りたいですね。

nanさん
こんばんは。
そうです。ここでも大沼です。(^^)
スイマセン。m(_ _)m
お話は、全5話です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572906/57889046

この記事へのトラックバック一覧です: 宇津江四十八滝の伝説 その2:

« 宇津江四十八滝の伝説 | トップページ | 宇津江四十八滝の伝説 その3 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ